本文へスキップ

水・歴史・人 織りなす都市(まち)清須

電話でのお問い合わせはTEL.052-400-2911

清須市観光協会へお問合せはこちら

アクセスaccess

清洲城周辺地図

Google Map


清洲城案内地図


清洲城へのアクセス

清洲公園駐車場

 電車の場合

JR東海道本線清洲駅 徒歩約15分
名鉄本線新清洲駅  徒歩約15分
城北線星の宮駅   徒歩約20分

 車の場合

名二環 → 清洲東インターチェンジ 5分
名神高速一宮 → 名古屋高速16号一宮線 春日出口 5分
名古屋高速 →  高速6号清須線 清須出口 5分
※清洲公園駐車場  113台 バス9台
 ご利用時間 9:00〜17:00

※「清洲公園駐車場」をカーナビで検索する場合は、清洲公園駐車場横の「清洲総合福祉センター 清洲市一場古城604番地15 電話052-401-0031」で検索してください。
(清洲城で検索すると、この大駐車場がヒットしませんのでご注意下さい)

 きよす あしがるバス

 清須市を巡るコミュニティバス、JR清洲駅〜清洲城はオレンジルートをご利用ください。

料金:1乗車毎に100円(未就学児童は無料)、便利な1日乗車券(200円)も販売。
詳しくは、清須市役所HP(このサイトを離れます)をご覧ください。

周辺ガイド

清洲城

清洲城

 現在の「清洲城」は平成元年に建築され、趣向を凝らした展示などで歴史に触れることが出来ます。

 また、土日祝日には「おもてなし城代」による紙芝居や、「清洲城信長家臣団・天下布舞」のおもてなしでお迎えします。


清洲公園写真

清洲公園

 公園には「桶狭間の戦い」に出陣する姿を模した信長公銅像、その脇には濃姫像があります。
  散策や、春には多くの方が訪れる桜のお花見スポットとして知られています。


清洲古城跡公園

清洲古城跡公園

 本丸跡で、幕末に建てられた2基の石碑や信長公を祀る小社があり、信長公の命日6月2日には郷土の偉人を偲び「信長公顕彰祭」が行われます。
4月上旬は桜、5月上旬にはツツジが見ごろを迎えます。


清洲宿本陣跡正門

清洲宿本陣跡正門

 「清洲宿」は東海道「宮宿」から中山道「垂井」をつなぐ脇往還美濃路の宿場であり、本陣・脇本陣・旅籠屋が置かれていましたが明治24年(1891)の濃尾地震で焼失し、唯一残った本陣正門のみがやや縮小され現存しています。


愛知県清洲貝殻山貝塚資料館

愛知県清洲貝殻山貝塚資料館

 「朝日遺跡」の弥生時代出土品(土器・石器・骨角器・木製品・金属器など)展示の資料館や、屋外施設では「岩倉市大地遺跡」で検出された竪穴住居をもとにした復元家屋があります。

「愛知県清洲貝殻山貝塚資料館」のホームページは下記アドレスをクリック。
http://www.pref.aichi.jp/kyoiku/bunka/asahi/index.html (このサイトを離れます。)


清洲ふるさとのやかた

清洲ふるさとのやかた

清洲ふるさとのやかた」は、清洲城大手橋の正面、清洲城大駐車場隣に位置し、おみやげ販売、無料休憩所、甲冑の展示、清須市の紹介映像などのコーナーがあります。

 建物の前には、清洲城をバック撮影できる顔出し看板が設置してあり、記念撮影に人気です。

 地下1階では清洲甲冑工房の製作を見学する事も出来ます。
 「清洲城」へお越しの際はぜひお立ち寄りください。


清洲甲冑工房

清洲甲冑工房

 「清洲ふるさとのやかた」地下1階、火・木・土曜日の13:00〜16:00に開かれ、尾張地方の桶側胴当世甲冑をモデルにしたアルミ製甲冑を製作、見学は無料です。

「清洲甲冑工房」のホームページは下記アドレスをクリック。
http://kiyosu-kacchuu-works.jpn.org/ (このサイトを離れます。)


清洲城

information清洲城

清洲城

〒452-0932
愛知県清須市朝日城屋敷1−1
TEL.052-409-7330
FAX.052-409-6697
→アクセス

■清須市観光協会

〒452-8569
愛知県清須市須ケ口1238番地
清須市役所 産業課内(南館3階) TEL.052-400-2911
FAX.052-400-2963